日常のきまぐれ記事

ASUS zenfon 2 laserが起動しなくなった。初期化対処法、修理依頼方法まとめ

購入して8か月のASUS zenfon laser 2(ZE601KL)が突然朝フリーズしました。

kv-product

フリーズ後は、ブルッと振動して起動時のロゴがでる→消える→ロゴがでる→消えるの繰り返しで、それが8時間続きましたwww

これは終わったなと思って、カスタマーセンターに連絡。

初期化(ファクトリーリセット)のやり方を教えてもらったので記載します。

スポンサードリンク


ファクトリーリセットのやり方

端末の電源を切った状態で、Voulme Down キーと Power キーを押しながら起動。
※電源を切らないといくら押しても反応しませんので、電源が切れない場合は電池パックを外して切ってください。

 
⇒バイブレーションしたら、Power キーのみ放します。

 
⇒リカバリーメニューから「Wipe data/factory reset」まで、Volume Downキーで移動し、Power キーで決定。

 
⇒次の画面で「Yes -- delete all user data」まで、Volume Downキーで移動し、Power キーで決定。

 
⇒リカバリーが開始されます。終了後、「reboot system now」を選択すると、初期化が完了。

注意点

Android Lolipop 5.1以降 から、Device Protection(端末保護機能)機能が付いています。

Device Protection(端末保護機能)とは
Android の端末を紛失したり、盗難された場合、第三者が、ファクトリーリセット(初期化)して使おうとした時に、その端末に登録されていた Googleアカウントとパスワードを入力しない限り、初期設定を完了できず使えないというもの

つまり、OS6.0ではない場合、下記の対応が必須になります。

 
・ファクトリーリセット後の初期設定で、初期化前に同期していた Googleアカウントにサインインができない場合は、初期設定が完了できず、端末を使用不可となる。

 
・ファクトリーリセットを行う前に、事前に端末に設定されているGoogleアカウントが確認できれば見ておく。
 >[設定] → [アカウント]→[Google] をの順にタップする事で、現在設定されているGoogleアカウントのメールアドレスを確認可能。

 
・万一、ファクトリーリセット後の初期設定で、Google アカウントにサインインできなくなった場合は、サポート窓口では、修理預かりとなる。

修理依頼をするなら

購入1年以内の修理であれば無償です。

ただ、保証書紛失の場合は工場出荷日が購入日と定められます。(最新端末でない場合は、出荷日は1年以上前のことが多いです)

保証書がない場合は、下記の確認ができれば無償修理対応してくれるそうです。
・購入日
・機種名
・購入元

ネットで購入したのであれば、購入履歴メールでもokだそうです。店舗で購入した場合は、購入元に再発行してもらえないか確認すると再発行しれくれる場合もあるそうです。

カスタマーセンターは下記の通り

固定電話からのご利用(通話料無料)
0800-123-2787
携帯電話・PHSなどからのご利用(通話料はお客様負担)
0570-783-886

修理費用

一概に言えないとのことですが、概ね下記の通りだそうです。
調査代:3000円
修理代:5000円
パーツ交換代:故障個所による

私の結果

8時間も「起動しては落ちてすぐに起動 」していたのですが、バッテリーを外して、再度つけて起動したら復活しました。

なんだよっ!!!!!!

まじ心配したじゃねーかいw

とりあえず修理に頼むことはなさそうですが、ASUS使い続けることが不安で仕方がない。。

まぁ、経過観察で使ってみます。

スポンサードリンク


-日常のきまぐれ記事