ベビーシッター 息抜きしたい! 自分の時間が欲しい! 赤ちゃんグッズ

キッズラインを利用してみた!業界最安値でシッターをお願いできるすごいサービスだった(口コミ)

2018/01/11

キッズラインというベビーシッターサービスが便利で使いやすいという話を聞いてシッターをお願いしてみました。

育児って意外にも体力勝負で疲れるので、たまに育児を休みたいなぁという時にベビーシッターをお願いしたいと思うことはありました。

でもベビーシッターサービスって高いし、どんなシッターさんが来るのか分からなかったので頼むことを躊躇していました。

一方でキッズラインは、どんなシッターさんにお願いしたいか自分で選べるし、価格もかなり良心的だということで気になっていました

先日キッズラインを利用してベビーシッターをお願いしてみましたので、体験記(口コミ)を書きたいと思います。

スポンサードリンク


キッズラインってなに?

キッズラインは2014年に設立されたオンラインベビーシッターサービスです。とても若い会社ですね。

参照:kidsline

参照:kidsline

社長さんはテレビでコメンテーターとしても活躍されている「経沢香保子」さんという方で、元々リクルートで営業をされていてその後起業され、また新しく作った会社がベビーシッターサービスというわけです。

オンラインベビーシッターというのは聞き慣れない言葉ですが、常にベビーシッターが頼める状況にあるサービスということだと思います。

通常のベビーシッターサービスは、何日か前に申し込みをするという事前申し込み制ですが、キッズラインでは前日でも当日でもシッターさんが空いていれば申し込みができるということですね。

そして、なんといっても低価格なところが魅力です。通常は1時間2,500円以上するところ、1時間1,000円から頼むことができるんです!!とっても良心的ですよね。徹底したIT化により実現できる価格だそうです。人件費がかかってないんですね。

参照:kidsline

参照:kidsline

また、依頼するシッターを選べる点も他社と違っています。どんなシッターさんが良いかプロフィールやお写真を見ながらこちらで選べます

例えば、保育士経験の有無、英語や音楽レッスンなど知育も対応してくれる人などプロフィール項目が沢山あるので選ぶ時もワクワクしながら選べるのも他社と違う点ですね。

参照:kidsline

参照:kidsline

その他にも福利厚生が使えたり、事前面談サービスがあるなど他社にはないサービスを提供しているシッター業界の風雲児的企業です。

スポンサードリンク


早速使ってみた

平日の昼間にお願いしようと思い、シッターさんを捜してみました。実際何百人とシッターさんがいるので迷ってしまい、結局こちらから募集をしてみました。

お願いする日時とシッターさんの時給上限や交通費の上限、どんな依頼かなどを書いて投稿するとその条件に見合ったシッターさんから応募があるという仕組みです。

screenshot_2016-12-16-23-05-54_1

すると早速30分以内に3人の方から応募があり、ビックリ( ゚Д゚)!

プロフィールを確認すると、そのうちの2人が雰囲気も良さそうだったので事前面談をお願いすることにしました。

事前面談というのは、シッターする場所に来てもらい1時間ほど面談することを言います。その人と自分の子供の相性が合うか、どんな感じで見てくれそうかなどを確認できるのでお母さんとしても安心です

事前面談でもシッターさんの時給は発生するのでお金は多少かかりますが、いきなり全く知らない人に何時間も預けるよりも安心度が違うので、私はお願いすることにしました。

結局2人の方と事前面談をし、英語教材などを持ってきてくださるという1人のシッターさんに決めました。プロフィール上では今回決めなかった方のほうが雰囲気が良さそうだったのですが、実際に会って話してみるとまた雰囲気が変わって見えるので、やはり実際に会うことは大事だなと思いました。

その3日後に、2時間ほどシッターをお願いしました。初めてのシッター依頼だったので、私の気持ち的にも「まだよく知らない人に見てもらうこと」にビビっていて、結局私も部屋にいて別のことをしながら2時間見てもらいましたw

20161214_121742_823_1_1_noexif

英語教材をもってきてください、一緒に見て遊んでくださいました。

20161214_123710_797_1_noexif

ディズニー英語システムの教材だったので、使ってみたかったので嬉しかったです

すごく子供の扱いに慣れた方で、2時間はあっという間でした。

スポンサードリンク


福利厚生が使えるのは嬉しい

シッターが終わったら、シッターさんから終了連絡があるのでその内容に間違いなければ承認して、すべて終了です。

シッターさんへの支払いはすべてネット上で完了します。事前にクレジットカードを登録していればカード引き落としですし、クレジットカードがない場合はキッズラインで使えるポイントをPayPalなどで購入して支払いをします。

支払い合計は「シッターさんの時給×シッター時間、交通費、会社への手数料10%(交通費を除いた支払い額の10%)」が総支払い金額です。

私の場合ですと時給1300円の方にお願いしたので、「1300円×2時間+交通費+手数料260円=合計支払い」となるのですが、ここで嬉しいのが福利厚生が使える点です。

私は育児休業中の会社員ですので、所属している会社の福利厚生が使えます。主婦の方であれば旦那様の福利厚生を確認してみてください。

私の会社は「福利厚生倶楽部」に入っているので、1時間につき300円の補助が支給されます。大きいですよね!

使える福利厚生サービスは下記を見てみてください。

参照:kidsline

参照:kidsline

品川区や千代田区、渋谷区在住の方であれば自治体の補助も受けられるそうです。いいなぁ~・・。

ということで、福利厚生サービスを使った今回のシッターの支払額は「1000円×2時間+交通費+手数料260円=合計支払い」となり、時給1000円でシッターをお願いできたというわけです。やすっ!!!!!!

また利用したい

お値段もかなり良心的でとても有難いのですが、何より英語教材をもってきてシッターをしてくれる方と出会えたのがとても嬉しかったです。

シッターさんからも英語教育について色々話を聞けますし、感謝!

こういった感じで、自分(もしくはお子様)好みのシッターさんと出会えるので本当に便利なサービスだなと感じました。支払いも楽だし、なんだか助かることばかり・・・

味をしめた私は結局明日もシッターをお願いしていて、主人と2人で久しぶりのデートを楽しみたいと思っています(笑)
キッズラインを利用して主人と2人でデートしてきた話

こんなサービス知らなかった!という方は、ぜひ一度試されてみてはいかがですか?

こちらのブログから登録してくだされば、登録後すぐに1000Pt(1000円分!!)貰えます(#^.^#)クーポンコードお使いください→「kids_6184158869」
キッズラインを詳しく見てみる

-ベビーシッター, 息抜きしたい!, 自分の時間が欲しい!, 赤ちゃんグッズ