ピックアップ記事 ベビーカー 赤ちゃんグッズ

アップリカのマジカルエアーを1カ月使ってみて感じた感想(口コミ)

2017/03/15

3月の初めにベビーカーの中で1番軽いアップリカのマジカルエアー(ハイシートで1番軽いらしい)を購入し、1カ月以上が経ちました。

PicsArt_04-07-06.49.50アップリカのマジカルエアー2015を買いました!
8カ月になる今までずっと抱っこ紐で過ごしてきました。というのも、ずっとベビーカーを買おうかという話はちょこちょ出ていたのですが...

 
初めはベビーカーに慣れずギャン泣きしていた娘も、今ではベビーカーで寝れるくらいになり、すっかりベビーカー慣れしてきました。

1カ月使ってみると、ここが使いにくいなぁと思う点、やっぱり軽量にして良かった!と思う点が色々出てきました。

そこで、この記事に感想(口コミ)としてまとめたいと思います。

スポンサードリンク


マジカルエアーのデメリットと対策

デメリットといっても、時折感じることことなのでそこまでのデメリットではありませんが、不便だなぁと一瞬思うことを挙げてみたいと思います。

電車の乗り降り

電車の乗り降りの際に、電車とホームの間隔があいている時や段差がある時。この時にベビーカーを「てこの原理」で斜めに持ち上げてからホームにおろしたり電車に乗ったりしなくてはいけないので若干気を使います。

ターミナル駅でこれをやると、乗車の時は最後に乗れば良いのですが、降車の時は後ろに人がつまってしまってあたふたしてしまうという事件が何度か勃発しています笑)

 
さらに電車とホームの間隔がめちゃめちゃあいている時やめちゃめちゃ段差がある駅とかがあります。その時は残念ながら「てこの原理」が通用しないので、ベビーカーをかかえて降りることになります((+_+))

踏切を渡る時

踏切にある電車の通り道の穴。これ危険ポイントなんです。

20160425_152723_noexif

そこを通る時に、ベビーカーの前輪が突っかかって前に進めなくなることがあります。こういう感じです・・。マジカルエアーの車輪は小さいので、すっぽりはまります苦笑

20160425_112943_noexif

ここでも後ろに人がいることがおおいので、後ろに人がつまってしまってあたふたしてしまうという事件が何度か勃発しています笑)
⇒これは、若干スピードを出して強く押しながら通ると、つっかえない事が判明しました!

車道と歩道の段差を通る時

横断歩道や道を渡るときによくあるのが、歩道に上がる際の段差です。これです。

20160425_152756_noexif

段差がフラット寄りになっていることは少なく、結構どこの道でも段差があるので、よくつっかえてしまいます。ここでも「てこの原理」が大活躍です。
本当は、全部がこんな感じでスロープがついていると嬉しいんですが、なかなか難しいですよねー。。

20160425_152835_noexif

重い荷物をかける時

ベビーカー自体が軽いので、沢山買い物をした際に沢山荷物をかけると重さに耐えきれずひっくり返ってしまいます笑)

娘が乗っているときは約10キロの体重がかかっているので大丈夫なのですが、娘が乗っていないとばだぁーんとひっくり返ります。。

例えば、電車でギャン泣きが始まった時に荷物が沢山かかっていることを忘れて娘を抱き上げてしまうと、、、とんでもないことになります( ;∀;) 

沢山の荷物を入れたい時

ベビーカー下の荷物入れが意外と小さいです。

抱っこ紐を入れるとパンパンになってしまうので、手持ちがついていない荷物を持っていると(例えば鞄に入らないほど大きい本とか・・)上記の荷物かけにもかけられず、手で持ちながら行くことになるので、若干大変です。

でも、このシチュエーションはほぼありませんヽ(^。^)ノ笑

スポンサードリンク


マジカルエアーのメリット

階段で運べる

一番のメリットはこれだと思います。特に駅で実感します。電車を降りて、エレベーター乗り場まで行くとベビーカー待ちのママで行列ができているなんてことが良くあるんです。

うわぁ何往復目で乗れるんだ・・と思うと待つのもうんざりなので、抱えて階段で降りてしまいます。

 
また例えば新宿駅だと、内回り11号車付近にエレベーターがあるのですが、うっかり1号車に乗ってしまうとホームでとんでもない距離を歩くことになるので、簡単に抱えて階段を降りられる重さであるのはとても嬉しいです。

小回りが利く(動かしやすい)

軽いのでとても動かしやすいです。横断歩道が急に赤信号になろうとしても、小走りで押せる軽さなので便利です。

また、危険があってもすぐによけられる点も良いです★先日、横断歩道を歩いていると横からバイクが曲がってきて何故かスピードを落とさないバイクだったので、小走りでよけられて良かったです・・( ;∀;)

 
あと、知らないおばあちゃんに「あら可愛いわねぇ」と触られそうになったとき、すーっとベビーカーでよけられますw(お声がけは嬉しいのですが、知らない人に触られるのはちょっと怖いのです・・。あと、触ってくる人は大概変なおはあちゃんなんですw)

混んでる電車も乗れる(スペースを取らない)

混雑した場所に行く時に、片手でも折りたためて持てる重さなのがとても便利です。そして、自立するので持たなくても大丈夫というのが有り難いです。片手で娘を抱っこしながらベビーカーを持っているので、軽い&自立式という機能は重宝しています。

 
先日も帰宅ラッシュ時に電車に乗らなくてはいけなくなってしまい、本当に憂鬱でした。簡単に折りたためて持てる大きさなので有り難かったですー。

10駅区間の間、娘を片手で持ちながらベビーカーを押さえていたので(自立はするけど、念のため持っていますw)、手はぷるぷるするし、気は遣うし、娘はバタバタするしで本当に疲れましたー。でも、折りたたんでも大きいベビーカーじゃなくて本当に良かったなぁと実感しました♪

★おまけ★ ハイシートのメリット

夏場だと地面からの照り返しがあり暑いですが、ハイシートは地面からの距離があるので少し暑さを軽減してくれるようです。また、今でも寒い時はブランケットをかけるのですが、足元までかぶせても地面につかないので、ブランケットが汚れなくて良いです。あと娘は楽しそうに足をバタバタさせているので、いつもと目線が異なり楽しいようです♥

20160514_122507

まとめ

デメリットも結構挙げてみましたが、そこまで大変な思いをしているわけではなく、時折感じるばかりです。実際には軽量でやっぱり良かった!と実感することのほうが多いです。

軽量で車輪が小さいのでこういったデメリットが発生すると思われるので、タイヤが大きいベビーカーや大型ベビーカーを買えばこちらのデメリットは解消されると思います。

 
最後に、自分がベビーカーを持ってみて初めて「ユニバーサルデザイン」の施策の素晴らしさを感じるとともに、まだまだ整備されていなかったり不便だなぁと思う点が至る所にあります。

車いすの方であれば、もっと感じるところは多いと思います。自分が子供を持ってみて初めて気付くことが沢山あり、勉強させてもらっているなぁと改めて思いました。

スポンサードリンク


-ピックアップ記事, ベビーカー, 赤ちゃんグッズ